青森県ほたて流通振興協会

青森県ほたて流通振興協会

ほたて養殖の歴史

ほたて養殖の歴史

ほたて漁業の先駆者

陸奥湾には古くからほたてが生息し、10~20年に1度、大発生を繰り返して来ました。

このような自然発生に依存していた時代の陸奥湾のほたて生産は、自ずと激しい変動の繰り返しで、この変動をなくし、安定した高度の生産を確保することがほたて漁業に携わる者の長い間の念願でした。

その願いが叶い、今日のように百億円を越える産業までに発展した裏には、ほたて養殖の研究に心血を注がれた「山本護太郎先生」、ほたて養殖がまだ雲をつかむような話と思われていた時代にその必要性を訴え、自ら実践してほたて養殖の基礎を築いた「豊島友太郎氏」、ほたて稚貝の画期的な採取方法を考案した「工藤豊作氏」等々、多くの先人の苦労と不断の努力があったことを忘れてはなりません。

養殖技術が発達し、種苗の量産化、計画生産が可能となり、ほたて漁業は飛躍的に発展しましたが、むつ湾のほたて漁業関係者は、ほたて養殖に掛けた先人の意思を引き継ぎ、これからも良質なほたて生産を目指しています。

豊島友太郎とよしまとよたろう
明治32年(1899)~昭和40年(1965)
ほたて養殖、中間育成篭の考案 ほたて養殖の先駆者。平内町浦田出身。(ほたて養殖発祥の地)
昭和19年から漁業関係一筋に生き、昭和30年、採る漁業からつくり育てる漁に転換し、ほたて育苗生産に取り組む。
友太郎は昭和40年病に倒れ他界したが、その意思を継ぎ、昭和45年頃から、ほたて種苗の附着と中間育成篭の研究成果が現れ、ほたて養殖は成功し、画期的な漁業の革命をもたらした。ほたて養殖理論を実践に移した第一人者。
山本護太郎やまもとごたろう
大正3年(1914)~平成17年(2005)
元東海大学海洋学部教授
ほたて養殖の道をひらく ほたて養殖の研究者。理学博士。秋田県湯沢市雄勝町院内出身。
東北大学青森県水産実験所勤務となり、ほたて養殖に向けて研究を始める。世界で初めてほたて人工産卵に成功し、ほたての基礎研究で理学博士号を取得。豊島友太郎氏と共に、むつ湾ほたて養殖の祖として漁業者から尊敬されている。
工藤豊作くどうとよさく
明治33年(1900)~昭和54年(1979)
ほたて養殖、タマネギ袋の考案 ほたて養殖の先駆者。平舘村舟岡出身(現外ヶ浜町平舘)。
ほたて、アカガイの稚貝採苗法を考案。本県ほたて養殖漁業振興に貢献。採る漁業からつくり育てる漁業への道を開いた。
タマネギ袋に杉の葉を入れて採苗に成功。移行百億円産業に確立する土台を作る。

ほたて養殖の未来

ほたてブランド化による漁業振興

青森県のほたて養殖漁業は、半成貝を主体とした加工向け生産が中国と競合するとともに、活貝販売では三陸地方や北海道の大型貝に押されていることから、価格の低迷が続き、漁業生産者の経営は厳しい状況となっています。

そこで、青森県では貝の大型化や新たな水産加工製品の開発、ほたての旬の味を活かすなどの県内外向けほたて活貝のPRと、それにともなう販売ルートの開拓、確保などのソフト面を充実させ、「青森ほたて」として味、品質の面でのブランドを確立し、産地間競争での優位性を保つ取り組みが必要です。

生産の合理化と販売の促進

平内町 ほたて広場

今後もほたて養殖漁業を維持、発展させるためには、密殖の防止などの適正技術の普及と後継者も漁業に就けるような経営体個々の労働環境や経営環境の改善を進めるとともに、生産現場での共同作業や荷揚場での共同施設の導入を促進し、労働負担の軽減するなど生産の合理化を図らなければなりません。将来に向けて足腰の強い経営を確立するため、新たな技術の研究や実践に産学官の連携が必要です。

販売については、新たな消費の掘り起しが望まれます。「青森ほたて」への理解を促すため、試食会や料理教室、イベント開催など様々な試みを展開しています。

また、平内町「ほたて広場」青森ほたて情報発信基地を利用し、県内外へ積極的に観光情報を発信し、ほたて産業の活性化を促進します。

地域環境との取り組み

ほたてはきれいな水からつくられます。きれいな水は海、川、山とつながり、ほたて養殖の漁民も地球環境を配慮し、山に木を植える活動をしています。

又、これまで産業廃棄物として処理されてきた貝殻の再利用が進められています。古タイヤと混ぜて歩道の舗装材、貝殻を砕いて農地の土壌改良材、りんごの搾りかすと組み合わせて融雪材、パウダー状にして壁紙材、消臭材等地球環境にやさしい幅広い活用が展開されています。